ヘアリンス働き

化粧品成分ガイド. web
化粧品の素顔を知る
化粧品成分ガイド.WEB

化粧品成分の役目、どのような商品に使われているのかわかりやすく説明しています。愛用の化粧品にはどのような成分が配合されているのか、自分にはどのような成分が化粧品に配合されてればよいのかを知ることにより化粧品の使い方、自分に合った化粧品の選び方ができます。また、新製品の化粧品を選ぶときに有力な情報として活用できるでしょう。自分の求める理想の肌を手に入れてください。

ヘアリンスの働き

化粧品ガイド.WEB>ヘアリンスの働き
成分の検索


ヘアリンスの働き

ヘアリンスの働きは、シャンプーで失った油分を補ったり毛髪に柔軟性を与えます。また、静電気による毛髪の絡まりを防ぎ、ゴミやホコリの付着を防ぎます。
リンス剤の主成分として界面活性剤が使われていますが、この界面活性剤は陽イオン活性剤が主に使用されています。
毛髪が濡れている時は陰イオン側の電気を帯びているので、陽イオンであるリンスが毛髪に吸着していきます。そのため陽イオン同士が反発してコマーシャルのようにサラサラとした髪の毛になるわけです。
リンス剤の成分には、塩化ジステアリルジメチルアンモニウムや塩化ステアリルトリメチルアンモニウムなどの第4級アンモニウム塩が多く使われています。これらの成分は皮膚アレルギー刺激を起こしやすいので、ニキビで炎症をいこしている方や敏感肌の方はリンスが直接付着しないように注意が必要になります。


化粧品を正しく使うためのポイント

自分に合った化粧品を選べるように肌の特性を知る。

健康肌なのか?敏感肌なのか?アレルギー性皮膚病であれば化粧品や医薬部外品でスキンケアすべきではありません。さらに、乾燥肌・オイリー肌・シミ・くすみ・シワなど肌の状態を知る。

化粧品に含まれる成分の目的と役目を知る。

自分の持つ肌の悩みの解決、予防する機能を備えているのかを知る。

たくさん使えば効果があるわけではありません。

商品に付いている注意書きをよく読み、適切な使用量・使用方法を行ないます。



M E N U
美白・美肌
紫外線対策
保湿
アンチエイジング
肌質
シミ・くすみ・ニキビ・かぶれ
無添加・自然派
薬効・エキス
化粧品の常識・非常識
化粧品成分50音順
化粧品成分〜あ行
化粧品成分〜か行
化粧品成分〜さ行
化粧品成分〜た行
化粧品成分〜な行
化粧品成分〜は行
化粧品成分〜ま行
化粧品成分〜や行
化粧品成分〜ら行
化粧品成分〜わ・を・ん
化粧品成分〜英数字
SUBMENU
当サイトについて
リンク集
Copyright (C) 化粧品成分ガイド.WEB All Rights Reserved