マッサージ働き

化粧品成分ガイド. web
化粧品の素顔を知る
化粧品成分ガイド.WEB

化粧品成分の役目、どのような商品に使われているのかわかりやすく説明しています。愛用の化粧品にはどのような成分が配合されているのか、自分にはどのような成分が化粧品に配合されてればよいのかを知ることにより化粧品の使い方、自分に合った化粧品の選び方ができます。また、新製品の化粧品を選ぶときに有力な情報として活用できるでしょう。自分の求める理想の肌を手に入れてください。

マッサージの働き

化粧品ガイド.WEB>マッサージの働き
成分の検索


マッサージの働き

マッサージをすることで血液の流れがよくなり、肌の働きを高めると思われている方が多いと思います。
資生堂の実験で、安静時に血流量が少ない人にマッサージをすると血流量が増え、逆に血流量が多い人にマッサージをすると血流量が減少したというデータがあります。
マッサージをすることで血流が良くなるというだけではなく、適正な血流量にする働きを持っているのではないかと考えられます。
マッサージ効果をあげるには、ちから加減、クリーム、マッサージ方法が適切でなければなりません。
皮膚の細胞は自律神経系とお互いに影響しあっていることが明らかになっています。ですから、心地よいマッサージをすることで全身の成長ホルモンの分泌を高めたり、免疫力を高める可能性があると考えられます。


化粧品を正しく使うためのポイント

自分に合った化粧品を選べるように肌の特性を知る。

健康肌なのか?敏感肌なのか?アレルギー性皮膚病であれば化粧品や医薬部外品でスキンケアすべきではありません。さらに、乾燥肌・オイリー肌・シミ・くすみ・シワなど肌の状態を知る。

化粧品に含まれる成分の目的と役目を知る。

自分の持つ肌の悩みの解決、予防する機能を備えているのかを知る。

たくさん使えば効果があるわけではありません。

商品に付いている注意書きをよく読み、適切な使用量・使用方法を行ないます。



M E N U
美白・美肌
紫外線対策
保湿
アンチエイジング
肌質
シミ・くすみ・ニキビ・かぶれ
無添加・自然派
薬効・エキス
化粧品の常識・非常識
化粧品成分50音順
化粧品成分〜あ行
化粧品成分〜か行
化粧品成分〜さ行
化粧品成分〜た行
化粧品成分〜な行
化粧品成分〜は行
化粧品成分〜ま行
化粧品成分〜や行
化粧品成分〜ら行
化粧品成分〜わ・を・ん
化粧品成分〜英数字
SUBMENU
当サイトについて
リンク集
Copyright (C) 化粧品成分ガイド.WEB All Rights Reserved