化粧品医薬部外品違い

化粧品成分ガイド. web
化粧品の素顔を知る
化粧品成分ガイド.WEB

化粧品成分の役目、どのような商品に使われているのかわかりやすく説明しています。愛用の化粧品にはどのような成分が配合されているのか、自分にはどのような成分が化粧品に配合されてればよいのかを知ることにより化粧品の使い方、自分に合った化粧品の選び方ができます。また、新製品の化粧品を選ぶときに有力な情報として活用できるでしょう。自分の求める理想の肌を手に入れてください。

化粧品と医薬部外品の違い

化粧品ガイド.WEB>化粧品と医薬部外品の違い
成分の検索


化粧品と医薬部外品の違い

化粧品医薬部外品は、違うとわかっていてもどのように違うのか説明は難しいと思います。
まずは医薬品と化粧品について知っておく知っておく必要があります。

医薬品〜病気の治療を目的としていますので病院、薬剤師のいる薬局でしか扱うことができません。
化粧品〜美容が目的になりますので作用が穏和でなくてはいけません。

では、医薬部外品はどうなるのでしょう?簡単にいえば医薬品と化粧品の中間になります。パーマ液、浴用剤、薬用化粧品などは、薬事法により医薬部外品として表示するように決まっています。また、薬剤の配合量によっても規制されています。
同じ日焼け防止化粧品でも、化粧品の場合や医薬部外品の場合がありますが、これは配合されている主な薬剤の配合率と有効性の違いで分かれています。
化粧品よりも医薬部外品の方が主成分量も多く有効性も高いといえます。


化粧品を正しく使うためのポイント

自分に合った化粧品を選べるように肌の特性を知る。

健康肌なのか?敏感肌なのか?アレルギー性皮膚病であれば化粧品や医薬部外品でスキンケアすべきではありません。さらに、乾燥肌・オイリー肌・シミ・くすみ・シワなど肌の状態を知る。

化粧品に含まれる成分の目的と役目を知る。

自分の持つ肌の悩みの解決、予防する機能を備えているのかを知る。

たくさん使えば効果があるわけではありません。

商品に付いている注意書きをよく読み、適切な使用量・使用方法を行ないます。



M E N U
美白・美肌
紫外線対策
保湿
アンチエイジング
肌質
シミ・くすみ・ニキビ・かぶれ
無添加・自然派
薬効・エキス
化粧品の常識・非常識
化粧品成分50音順
化粧品成分〜あ行
化粧品成分〜か行
化粧品成分〜さ行
化粧品成分〜た行
化粧品成分〜な行
化粧品成分〜は行
化粧品成分〜ま行
化粧品成分〜や行
化粧品成分〜ら行
化粧品成分〜わ・を・ん
化粧品成分〜英数字
SUBMENU
当サイトについて
リンク集
Copyright (C) 化粧品成分ガイド.WEB All Rights Reserved